本文へ移動

プレカット工事

従来、木造の建築住宅の施工では、大工さんが板図をもとに木材に墨付けをおこない、電動工具などをつかって構造物に必要な木材の加工を行ってきました。その作業をCADなどを使い、コンピューターで制御し、図面にそって正しく加工を行うのをプレカットと呼びます。建物を支える構造材の高い精度が得られるとともに、工期短縮や人件費節減などの付加価値も高いことなどから、木造住宅を建てるのに最適な工法として広く受け入れられています。
西尾木材工業所では、専任の担当者がお客様と一棟ずつ入念な打ち合わせを行い、在来工法・2×4工法を問わずに、タイアップしているプレカット工場と共に責任ある住宅部材を提供します。

プレカットとは?

工期短縮・コスト削減

これまで施工現場で行われていた加工を、あらかじめ工場で済ませてしまいますので、その分現場工期が短縮されます。仮住まいの費用や不便さも圧縮され、現場での加工に要する人件費節減という費用対効果も見込めます。

加工精度の安定

木材を手作業で加工するとなると、どうしても職人さんのレベルによって左右されます。プレカットでは、すべてコンピューターで制御し加工を行うため、安定した高品質の製品のご提供が可能です。

現場の廃材を抑える

プレカット工法を取り入れれば、現場で木材を加工することがなくなるため、廃材の排出を抑えることに繋がります。廃材の処分や清掃などの負担もなくなり、廃材を抑えたことにより、環境負荷も軽減されます。

プレカットの工程

2021年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る